バッチ・モード

コマンドライン操作のみでFermiSurferで描画した図を画像(PNG)ファイルに保存する, 「バッチ・モード」について説明する. バッチ・モードを用いると このような沢山の図 を簡単に作ることができる.

例として、 example/ ディレクトリ内で

$ fermisurfer mgb2_vfz.frmsf frmsf.in 500 500

を実行すると, 画像ファイル frmsf.in.png が出力される. 末尾の二つの数字はウィンドウの幅および高さである. frmsf.in はバッチ・モード用の描画設定ファイルで, 次のように書かれている.

#   background  black
         band  0 0 1
#brillouinzone  primitive
     colorbar  1
   colorscale  fermivelocity
       minmax  -22 22
#      equator  1.0 0.0 0.0
     interpol  4
    linewidth  3.0
     lighting  both 
    nodalline  0
#      section  1.0 0.0 0.0
  acrossgamma  1
     position  0.0 0.0 0.0
        scale  1.0
     rotation  120.0 40.0 0.0
  fermienergy  0.0
   stereogram  none
  tetrahedron  1

これは前節のパネル操作に対応しており, 指定可能なキーワードは次の通りである。 また、指定しなかったキーワードについてはデフォルト値が使われる.

キーワード

指定可能なパラメーター

デフォルト値

説明

background

black, white

black

背景色

band

1または0をバンド本数分

1 1 1 1 ...

各バンドの表示(1)または非表示(0)

brillouinzone

first, primitive

first

ブリルアンゾーンの種類

colorbar

0, 1

1

カラーバーの表示(1)または非表示(0)

colorscale

input1d, input2d, input3d, fermivelocity, bandindex, inputgray, fermivelocitygray

input1d

カラープロットの種類

minmax

実数 実数

フェルミ面全体の最小値, 最大値

カラースケールの範囲

equator

実数 実数 実数

指定しない場合は極軌道を表示しない

極軌道の接ベクトル(フラクショナル座標)

interpol

自然数

1

補間の細かさ

linewidth

実数

3.0

線幅

lighting

both, unoccupied, occupied

both

どちらの面に照光するか

nodalline

0, 1

0

ノーダルラインの表示(1)または非表示(0)

section

実数 実数 実数

指定しない場合は断面を表示しない

断面の法線ベクトル(フラクショナル座標)

acrossgamma

0, 1

1

断面が \({\rm \Gamma}\) 点を通るか(1)否か(0)

position

実数 実数

0.0, 0.0

図形の描画位置

scale

実数

1.0

図形の拡大率

rotation

実数 実数 実数

0.0, 0.0, 0.0

図形のx-, y-, z-軸周りの回転角

fermienergy

実数

0.0

Fermiエネルギー

stereogram

none, parallel, cross

none

立体視

tetrahedron

0から15の整数

0

四面体の切り方

注釈

この機能は ImageMagic のスクリーンショットを取るコマンド「import」を用いている. そのためこの機能を使うには ImageMagic がインストールされていなければならない.